高齢者

老化と筋力についてその2

投稿日:

これは、以前に記述した「老化と筋力について」のブログに後付するものです。そのときにも「けがや病気により10日間ベッドで過ごすと、たったの10日で筋肉量は平均約1kgも減少する」という話を出しました。これをもう少し掘り下げて、具体的な日々の対策を考えてみたいと思います。筋肉量が減るのは老若男女変わりませんが、60歳を超えるとその減少スピードはいっきに今までの数倍になると言われています。減少スピードが加速する理由はいくつか考えられますが、企業定年によって通勤などがなくなり運動量が減ることも1つの要因で、特にここ最近は新型コロナウィルス感染症の関係で、テレワークを余儀なくされる方々も増加しています。このまま運動不足が続いて行けば、体にマイナスの影響が出てくることは否めません。このまま運動不足が続くと、体を動かす神経系やバランスの制御力も失われ、若くても靴下をはこうと片足を上げただけで転倒するといったことも出てくる可能性があります。ならばどうしたら良いのですかという話になると思います。そこでオススメしたいのが以下の運動です。運動と言えるかどうかわかりませんが、意識して少しでも筋力の衰えるスピードを鈍化させたい気持ちです。

  • 自宅近辺では、エレベーターやエスカレーターではなく階段を利用する。
  • 買い物にいくとき、大股で早歩きをする。
  • 玄関で靴をはくときやトイレで用を足すときにスクワットを3回する。
  • ボクの場合、工房でオリジナルジグソーパズルのプレス加工を毎日しているので、時折椅子に座らず空気椅子でプレス加工をしています。

日々のことですので、こういった身近なことだけでも、太ももの筋肉の活動量がぐっと上がります。毎日必ずしていることに少しの運動を組み込めば、習慣化することができますので、どうか大げさに考えずに取り組んでみてください。

 

-高齢者
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

老化と筋力について

とシャーとりたくないですが、誰でもとっちゃうんですよねぇ。皆さん、爪伸びますよね?髪の毛はない方もおられ気にされると困るので、爪で話進めさせていただきます。爪って1日に0.1mm伸びるんですって。もち …

健康に生きていくために立って歩きましょう、積極的に!

 適度な運動をすることは高齢者が健康で生きていくために大変重要です。しかし、大切なことは運動の強さではなく頻度なのです。家の中にこもっていても、30分に1度は立ち上がってトイレに行ったりコーヒーを入れ …

終の棲家で幸せに過ごすには

「人生100年時代を乗り切るためにその4」でも述べましたが、2025年、自分も含め団塊世代の全員が75歳以上(後期高齢者)になると、後期高齢者総数が2200万人を突破し年間死亡者数が激増し、我が国は「 …

人生100年時代を乗り切るためにその7(最終編)

高齢者として最後まで健康に楽しく生きていくために「その1(老人の跋扈はやめましょう)」「その2(自立しましょう)」「その3(働き続けましょう)」「その4(運動食事睡眠の質の改善を意識しましょう)」「そ …

楽天ページに敬老の日特集ページ追加!

さきほど、コーポレートサイトの方のブログで案内をしましたが、オリジナルグッズのシャフト【楽天市場店】内に、敬老の日特集ページを公開しました。今までも公開はしていたのですが、情報が古かったため、刷新して …