高齢者

人生100年時代を乗り切るためにその1

投稿日:2021年4月6日 更新日:

ボクが小学生(10歳位)の頃に150人ほどだった100才以上の日本の高齢者は、ボクが70歳になった現在ではすでに7万人を超えています。今後もますます日本人の高齢化は進んで行きますので、人生100年時代を生き抜く上で、元気な間はいつまでも働き続けるのが当たり前の世の中となりました。この時期に来ていかに高齢である自分の“鮮度”を若く保ち、人的なネットワークを広げられるかは、ますます重要になっていくものと考えられます。そのために重要なことが3つあります。

  1. 高齢者が新しい情報を得やすい環境にいるためには日頃から若い人たちが話しかけやすいような関係性を築いておくこと。年長者だから、上司だから言うことを聞け、という態度でいてはダメです。若者は「年寄りに(上司に)付き合わされても楽しくない」というのが本音ですから。だから若い人から見て、積極的につながりたくなる価値を高齢者として持っておく必要があるということです。
  2. 若者が何かを教えてくれようとしているのに「そうは言ってもやっぱり違うだろう」などと全否定するような態度で向き合うのはダメですね。相手が喜んで話したくなるような、話を引き出す雰囲気や聞く態度、Give and Takeで参考になるような情報を教えるといった、高齢者としても何らかの価値を持っていなければ、若者は決して心をひらいてくれません。
  3. 自分が情報を発信し続けていることが重要なのです。こうすることで、自然とその話題に興味を持つ人が集まり関連する情報が集まるようになってきます。

以下リンクをご利用下さい。

 

-高齢者
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

健康に生きていくために立って歩きましょう、積極的に!

 適度な運動をすることは高齢者が健康で生きていくために大変重要です。しかし、大切なことは運動の強さではなく頻度なのです。家の中にこもっていても、30分に1度は立ち上がってトイレに行ったりコーヒーを入れ …

あなたはFIREを目指しますか?

  近年「FIRE」という言葉がはやっています。これは「Financial Independence(経済的独立), Retire Early(早期退職)」を略したものだそうで、要は、若くして働かなく …

人生100年時代を乗り切るためにその6

「老後のために無理してお金を貯めるということではなく、死ぬまで楽しく働ければ、それで良いと考える方が自然だと思います。」と、「人生100年時代を乗り切るためにその3」で書いたくせにと思われるかもしれま …

改正高年齢者雇用安定法施行にあたって

4月1日から「改正高年齢者雇用安定法」(通称・70歳就業法)が施行されます。これでいよいよ「70歳まで働き続ける」ことが常識になる世界となります。「70歳まで働くことができるんだ」というとらえかたも出 …

最後まで元気な高齢者でいるために

 皆様すでにご存知と思いますが、約2ヶ月後の4月1日から「改正高年齢者雇用安定法」(通称・70歳就業法)が施行されることになっています。いよいよ日本国民全員が「70歳まで働き続ける」ことが常識になって …