パズル 高齢者

コロナに負けない生き方を

投稿日:2020年3月31日 更新日:

 
 多くの企業さんや団体さんは今日が年度末というところが多いですよね。玉川大学教育学部で情報系授業を担当する教授として2016年3月31日に定年退職後、シャフト株式会社に正社員として勤務する傍ら、工学部出身の酒井先生とご縁があったことで福島学院大学福祉学部こども学科に客員教授として授業を少しだけ担当させていただきました。その契約も今日(2020/03/31)で終了します。福島学院大学の皆様、様々なご配慮ありがとうございました。学生の皆様、拙い授業で申し訳ありませんでした。明日からボクは名実ともにオリジナルジグソーパズル職人としての道を歩んでまいります。教育の道は険しくそして奥が深いです。短絡的に結論を出すことなど1つも出来ません。しかし職人の道も専門性を追求し、ものづくりを本気で考えていく以上、とても奥の深いものであります。

思い起こせばボクは23歳の時から道路建設業に従事し、道路標識設置工事、道路区画線設置工事、防音壁設置工事を行ってきました。山谷のドヤ街に寝泊まりし、ここで初等教育の必要性を感じ、会社を辞めて小学校教員になることを決意したのが25歳の時でした。
出身大学で事務職員として勤務しながら、通信教育課程で小学校教員免許状を取得するために勉強を開始し、渋谷の居酒屋に勤務。道元坂のホストクラブ、青山のバーテンダーと渡り歩きながら通信教育で初等教育免許を3年かけて取得しました。
28歳の時に初めて府中の明星小学に教諭として奉職し4年竹組の担任をしました。教員という考え方に自分の体質が慣れず、1年間で管理職の逆鱗に触れ左遷命令が出ます。
そして29歳でサウジアラビア王国、アラビア石油株式会社アラビア鉱業所Trainning and Education Departmentに赴任しました。これが3年間の赴任でした。31歳の時に帰国し明星小学校に担任として復帰。5年松組、続けて翌年6年松組担任するのですが、2年の間に再び管理職の逆鱗に触れ再度左遷命令をいた

だき33歳の時にサウジアラビア赴任2回目を経験しました。「もう日本に帰ってくるな」と言われて日本を出国しましたが、サウジアラビアでMacintoshに出会い、GUIの環境が子どもの情報教育に良いことに気づき、それがきっかけとなり帰国しました。38歳で明星小学校3年生の担任しながら情報教育活動に傾倒し、専門教科として専攻します。マッキントッシュが日本で初めて導入されたのが明星小学校。小学校教員としての学術的な限界を感じ、大学院へ進むことを考えて退職することにしました。

45歳で玉川学園教育研究所勤務。日本一の教育ネットワークCHaTNetを1年間かけて構築し、5年間運用しました。玉川学園中学部高等部の情報教育授業を非常勤講師として担当。50歳の時に国立大学法人上越教育大学大学院入学。修士課程で終了し、自分のような小学校教諭を養成したいという考えから、大学の教員を目指します。56歳の時に玉川大学学術研究所勤務。論文を書きまくり、講師→准教授を経て、玉川大学教育学部教授として勤務し、65歳で定年退職しました。

大学の教授になるのがボクの夢ではありませんでしたので、教授職も定年退職もまだ自分の人生の着地点の中間地点でしかありません。つまり燃え尽きていないのです。66歳の時にシャフト株式会社オリジナル工房に勤務し、能力開発にも善いとされるパズルの製作を専門に研究することにしました。

ここでしばらくの間(具体的には75歳位まで)パズル専門職人として生きることを決意しました。同時に福島学院大学福祉学部こども学科非常勤講師として着任し、情報系授業をもたせていただきました。そして69歳の今日、福島学院大学客員教授を退任しシャフト株式会社オリジナル工房一本で仕事を進めて行くことを決意しました。75歳以後ですか?まだまだ動きたいことやりたいことが山積みですが決めていません。

そんな中で、今回の新型コロナウィルス騒ぎが出てきました。生きていれば色々なことがあって当たり前ですし、それがまた自分の人生に彩りを添えてくれるのですが、パンデミック、首都封鎖、ロックダウンといった出来事に遭遇するとは思ってもいませんでした。昨夜の小池知事の記者会見を拝見していて、今は本当に重大な局面に来ていること、そしてその重大さを身にしみてわかっている方が少ないことを感じています。もうボクも70歳。志村けんさんは残念ながら昨日新型コロナウィルスで亡くなってしまいました。残る人生何があっても怖くないと思ってはいますが、真摯に1つ1つの出会いと関わりを大切に残りの人生を生きていきたいと考えています。そのためには、生きていくための日々の努力を惜しみたくないと思っています。努力して結果が出ると自信になりますが、努力せず結果が出ると傲りになります。努力せず結果も出ないと後悔が残りますが、努力して結果が出ないとしても経験は残ります。これが大切なのですね。物事は小さな努力の繰り返しで進んでいくのです。何があっても恐れず過ごして行きましょうね。正義は地味でも必ず勝利します。
The last 65 years of my life were an introduction,
the main story is about to begin.
Thank you.

-パズル, 高齢者
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

トレーニングパズルのページを整備しました

シャフト株式会社の工房サイトに、本日新しくトレーニングパズルのページを設置、整備しました。 機能紹介し、ショップページへの動線もできております。オリジナルジグソーパズルに取り組むには、まだちょっと厳し …

60代以上の3分の2は「これまでの人生に満足している」?

 昨日満70歳になったボクもこう聞かれたら、きっと「これまでの人生に満足している」と答えると思います。 大学を出てから道路建設業の作業員もやったし、談合得意の営業マンもやりました。水商売では居酒屋とバ …

シャフト設立10周年にあたって一言書かせていただきました

本日は、弊社の設立10周年記念日でございます。これまでの10年間を振り返り、短い文章ですが、一言かかせていただきました。コーポレートサイトのブログに投稿いたしましたので、よろしければ以下の画像をクリッ …

オリジナルパズルのサイトに、お支払い方法ページ追加

弊社のオリジナルジグソーパズルに、新たに「お支払い方法」のページを追加致しました。     より使いやすいページを目指して、少しずつ整備していきます。他にも「これが欲しい!」とか「 …

両面パズルの紹介動画

2021年3月20日にリリースしたばかりで、まだプレスリリースもかけていないのに、既にいくつもご注文をいただいている、両面オリジナルパズル。こちらは、シャフト株式会社が製作する通常のオリジナルジグソー …